ご質問一覧に戻る

屋号のつけ方のポイントは何ですか?

ネットショップの屋号を決める際は、
  • 屋号から商品やサービスをイメージできること
  • 屋号からコンセプトが伝わること


が大変重要です。あわせて以下の3つを考慮し、お客様が「どんなお店かイメージしやすい」屋号をつけましょう。

  • 記憶に残る
  • 覚えやすい
  • 分かりやすい



すでにドメインを取得している場合

そのドメインから屋号を決めると良いでしょう。ドメインと屋号が関連している場合、お客様の記憶に残りやすくなります。

実店舗の屋号や商品がすでにブランドとして確立されている場合
ブランド化されている名前を屋号にするといいでしょう。自社商品に対するこだわりや独自性をネットショップにも生かすことができます。
地域がブランド化されている場合
地域名を組み合わせた屋号も良いでしょう。商品名と地域名とで複合検索されやすい食品関係では特に集客効果が期待できます。
例)「魚沼産コシヒカリ」で探す場合 → 検索キーワードは「魚沼 コシヒカリ」


ショップ名が決まったら次はキャッチコピー(サブタイトル)を決めましょう。他店と差別化したい商品やサービスを強調する文章を考えましょう。目安は30~40文字です。

ポイントは、ネットショップに訪れたアクセスユーザーは屋号とキャッチコピーからお店の雰囲気を感じ取ります。ショップのこだわりと強みを十分に強調してください。


戦略コンサルにて、屋号の決め方などの指導・ご提案を行っています


WebマーケティングとWebコンサルティング コンサル会社サーフボードhttp://blog.surfboard.co.jp/cn/

コンサルティングサービス「戦略コンサル」にて、Webマーケットを最大限に活用するためのビジネスモデルとホームページを企画しご提案をしています。

Webマーケティング専門コンサルティング

屋号を決めたらホームページ制作!

サーフボードではホームページの制作を行っております。これまでに500超のサイト実績があり、ホームページに関する様々なノウハウをご提供しております。ホームページでお悩みの方は一度、ご相談下さい。

ホームページ制作会社サーフボード(http://www.surfboard.jp/)
sb_top.jpg
ご質問一覧に戻る
お電話でのお問合せ
東日本エリア担当窓口(東京支店) 03-6380-0426
西日本エリア担当窓口(福井本社) 0776-52-2134
メールでのお問合せ webmaster@surfboard.co.jp
フォームからのお問合せ