ご質問一覧に戻る

成功事例:小林大伸堂

成功事例03

競争が激しいマーケットではブランディングが生き残る鍵。

戦略コンサル

熾烈な競争を繰り返す印鑑業界で、勝ち残った「開運印鑑」は苦労の末から見つけた旗

開運印鑑:http://www.kaiunya.jp/

印鑑でも三文判といわれるものは、町中の100円ショップや本屋、はたまたコンビにでも低価格で売られています。この厳しい業界の中で、生き残りをかけて完成したのが、「開運印鑑」の小林大伸堂さんのサイトです。
このサイトが完成する以前は、競争が激しい銀行印やゴム印を受注する目的のWebサイトでした。

この熾烈なマーケットから、抜け出すために印鑑業界のマーケットを徹底研究した結果、「開運印鑑」のサイトが浮かび上がりました。「開運印鑑」というコンテンツを準備するため、さらにいろいろ苦労しながらも遂に誕生しました。そして、このサイトはオープンするやいなや快進撃を続けています。Webマーケット上で「開運印鑑」というブランド(遠くから見える旗)を、競合他社よりも真っ先に打ち立ててしてしまったからです。

「マーケットとは、創造するものである」といったのは、著名なPFドラッカーです。まさに「開運印鑑」はその実践例です。いくら成熟したマーケットであっても、常に明日に向かって考え、そして即実行に移すことでチャンスをものにすることが出来る証です。

 皆さんの会社にも、必ず「成功する種」があります。しかしその「成功する種」は、普段、ひっそり隠れているため誰の目にも見えないのです。この「成功する種」を皆様と私どもが一緒に見つけ出し、Webマーケットで光り輝かせることが、私をはじめ株式会社サーフボードの使命だと思っています。


小林大伸堂・開運印鑑 : http://www.kaiunya.jp/

印鑑でも三文判といわれるものは、町の100円ショップや本屋、はたまたコンビにでも低価格で売られています。この厳しい業界の中で、生き残りをかけて完成したのが、小林大伸堂さんのサイト「開運印鑑」です。このネットショップはオープンするやいなや快進撃を続けています。徹底したWebマーケティングとブランディングで成功を収めた小林大伸堂さんの事例をご紹介します。

ご質問一覧に戻る
お電話でのお問合せ
東日本エリア担当窓口(東京支店) 03-6380-0426
西日本エリア担当窓口(福井本社) 0776-52-2134
メールでのお問合せ webmaster@surfboard.co.jp
フォームからのお問合せ