ご質問一覧に戻る

同じ商材で別サイトを立ち上げるメリットとは?

同じ商材であっても、それを細分化していき、それに特化した別サイトを立ち上げることはビジネス戦略の一つといえます。


別サイト化のメリット


  1. SEO対策

    細分化した商品に合わせた、キーワードの絞込みが可能になります。

  2. テーマの明確化

    1つのメッセージを1つのマーケットに対して伝え、そして1つの出口しか用意せず、迷わせないことをワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムの法則といいます。

    「ワンマーケット」とは、一つの市場のこと。
    ランディングさせるユーザを限定する事でターゲットを明確にし、そのターゲットだけを意識した文章・内容でページを作成します。限定することで数は減ったように思えますが、メッセージがしっかりと響く事の方が大切です。

    「ワンアウトカム」は、ページの出口のことです。例えばお問合せボタンなど。
    一般のWebサイトはさまざまなターゲットを意識し制作されているため、多くのコンテンツが存在し、別のページへの移動も容易です。
    ページが1ページでできていて、出口にはお問合せしか用意されてないとなると、Webサイトに訪問したユーザーは、離脱かお問合せページへ移動するかのどちらかになります。
    ユーザーは明確な目的を持って具体的なキーワードから商品を検索するケースが多いです。サイトのテーマを明確化することでよりキーワードの絞込みができ、効果が期待できるといえます。


留意点

複数のサイトを運営するには、商品データの一元管理できる仕組みが必要となります。より効率的な商品管理を行うためにツールを導入する必要性も出てきます。

まずはよく検索されるキーワードを調査し、ユーザーのニーズを知りましょう。
その際、より詳細なターゲットの設定、ペルソナ設定を行うことでよりユーザーのニーズを理解することができます。

  • アクセスログ解析
    サーバに残されたアクセスログを元に、Webサイトにおけるユーザーの動向を解析するものです。
  • フェレット(http://jp-ferret.com/)
    キーワードの検索数を調べることができるサイトです。


ニーズを理解した上で売れ筋商品に関するページ作りの見直しを行います。
ターゲットに合わせて、その人が求めている情報(解決策)が提示されているように編集、最適化すること。よく検索されるキーワードに関するページや売れ筋商品などのページを、商品のウリとなる点を考慮しながら再構築していきます。
何パターンかのランディングページを作成し、一定期間の検証を行うことで、最もコンバージョンの高いページを採用していきます。

※ランディングページ
「ランディングページ最適化」、「LPO(Landing Page Optimization)」のことで、 ユーザーがインターネット広告や検索エンジンから自社サイトへアクセスした際、最初に訪れるWebページ(ランディングページ)の内容をユーザーのニーズ毎に調整していき、商品購入、資料請求などサイト上での最終成果に結びつく割合(コンバージョン率)を高めるためにページを最適化(オプティマイゼーション)することを言います。


当社が提供する戦略立案のコンサルティングサービス


WebマーケティングとWebコンサルティング コンサル会社サーフボードhttps://blog.surfboard.co.jp/cn/
運営コンサル」にて、ネットショップを運営しているオーナー様に、売上目標の達成を目的とした定期訪問型の運営指導をおこなっております。

Webマーケティング専門コンサルティング

ご質問一覧に戻る
お電話でのお問合せ
東日本エリア担当窓口(東京支店) 03-6380-0426
西日本エリア担当窓口(福井本社) 0776-52-2134
メールでのお問合せ webmaster@surfboard.co.jp
フォームからのお問合せ