ご質問一覧に戻る

お問合せフォームは必要ですか?

ユーザがサイトを訪問した際、運営者とコンタクトを取りたいと思った場合のコンタクト方法として下記の3つがあります。
  1. 電話 最も簡単な方法でコンタクトも素早く取れますが、業務時間外の対応が困難であり、記録が残らないというデメリットがあります。
  2. 電子メール
    ユーザーが必要な情報(会社名・住所・氏名・問合せ事項 など)を漏れなく記載する必要があり、手間がかかります。
  3. お問合せフォーム
    Webサイト上から直接申請できる楽な機能ですが入力必須項目に全て入力しないと送信できないため、項目の精査が必要です。


運営者と連絡を取ろうとしたユーザーを迷わせないために連絡手段を明記することは重要です。また、ユーザーが時間を気にせずに連絡を取れる手段を考えると「フォーム機能」を用意することで、結果的にお問い合わせや資料請求の件数を増やすことができます。

お問合せフォームのメリット、デメリット
【運営者側のメリット】
  • メールアドレスと非公開にできる
  • 必要な情報を入手することができる
  • 確認画面を表示することで入力間違いを少なくできる
  • 届くメールが定型なので整理しやすい
  • 空メールなどを防止できる
  • 自動返信でメールを送信できる
  • 入力に選択式を利用すれば回答の分類などが容易にできる
【運営者のデメリット】
  • フォーム導入のためのコスト
【ユーザーのメリット】
  • Webサイトに行ければどこからでも利用できる
【ユーザーのデメリット】
  • 氏名など明かさずに質問したい時にできない
  • ファイルの添付が出来ないことが多い
  • 回答が帰ってくるまでに時間がかかる
お問合せフォームの入力項目
運営者側にとってはお問合せをいただく段階でユーザーに関する様々な情報を得たいところですが、項目が多かったり、全ての項目が「必須入力」であったりすると非常に面倒なフォームになってしまいます。 面倒だと感じさせない範囲で入力必須項目を設定することが重要です。

  • 入力する項目数が多すぎないか
  • 必要最低限の項目のみになっているか
  • 必須項目として適切か
  • 必須項目がわかりやすく表記されているか
  • 項目は分類ごとにまとめられているか
  • 個人情報に立ち入りすぎていないか
  • 入力用のテキストボックスのサイズ、文字制限は適切か
  • ユーザーの入力負担を軽くするため、チェックボックスやリストボックス機能があるか
  • 住所の入力ボックスが必要以上に分割されていないか
  • 送信・リセットのボタンがわかりやすいか(日本語で表記されているか)
  • SSLに対応してるか

当社が提供するホームページの運営支援サービス

WebマーケティングとWebコンサルティング会社サーフボードhttps://blog.surfboard.co.jp/cn/ 運営に関する質疑応答、プロモーション提案、PDCAプロセスを利用した改善指導など、ネットショップ運営に関するコンサルサービス「運営コンサル」を提供しています。

Webマーケティング専門コンサルティング

ご質問一覧に戻る
お電話でのお問合せ
東日本エリア担当窓口(東京支店) 03-6380-0426
西日本エリア担当窓口(福井本社) 0776-52-2134
メールでのお問合せ webmaster@surfboard.co.jp
フォームからのお問合せ