私が前向きになった考え方

突然ですが、辛いことがあったとき、みなさんどうしていますか?

私は最近、大事な貴重品が盗まれるという出来事があり、久しぶりに食欲がなくなるくらい落ち込みました。。。
(食欲は2日で回復しましたけど・・笑)

被害届を提出するまでは悶々とした時間を過ごしていたのですが、
周りの方の優しい言葉に救われて、今は前向きに考えることができ、すっかり元気です!!!

 

盗まれた日の夜、私が携帯で調べたことは

「前向きになる考え方」

でした。

 

Yahoo知恵袋で同様の経験をされた人がいて、その人に対する励ましの言葉を

自分に対して言われているかのように読み漁りました。

また、いろんな方に励ましの言葉をいただいたおかげで、わりとすぐに復活できたので、

これから同じ経験をされた人がこの記事にたどり着き、心がちょっとでも落ち着くといいなと思い

私が心に響いた「前向きになる考え方」をここにまとめたいと思います。

 

「私は何も悪くない」

貴重品を盗まれたとき、気持ちをすぐに切り替えることは難しいと思います。
自分の管理が悪かったのかもしれないと、自分を責めることもあるかもしれません。
実際そうだったとしても、とりあえず「自分は悪くない」ということにします。盗んだ犯人が100%悪い。
今とりあえず「前向きになる」ためには「自分は悪くない」と思いこんで自分で自分を擁護してあげましょう。

 

「ケガがなくてよかったじゃないですか。盗まれた貴重品が代わりに貴方を守ってくれたんですよ。」

もはや貴重品が命の恩人とまで思えてきます。
悲しい気持ちも、感謝の気持ちに変わってきませんか。

 

「犯人は死ぬまで罪を背負って生きていくことになるんです。」

見つからない犯人に対して、許せないという気持ちは必ずあるとおもいます。
バチが当たればいいのに!と思いますが、犯人は貴重品を盗んだことにより一生罪を背負うことになります。
かわいそうに。

 

「死んだわけじゃない」

極論です。最終的にはこれですよ。
めちゃくちゃショックです。めちゃくちゃ悲しいけど、でも、死んだわけじゃない。
生きていればやり直しはこれから何度でも出来る。
失ったものは多いかもしれないけど、そこには代わりのものが入ってくる。
また1からのやり直しですが、元に戻ることはできます。大丈夫。

 

「この経験がなかったら、もっと大きな被害を受けることになってたかもしれない。」

被害にあってからは、防犯意識が非常に高まったと思います。
そんな自分に変わったことで、今後起こるかもしれなかった大きな被害を最小限で抑えることが出来るようになった、そう思いこむのです。
友人や家族にもこの出来事を伝えて、大事な人たちの防犯意識もついでに一緒に高めちゃいましょう。
この経験で、大事な人たちを被害から救うことになるかもしれません!もはやヒーロー!

 

「私の人生がもしドラマだったら、、、」

想像してみてください。
あなたがドラマの視聴者だったとして、平凡で幸せな毎日がただ過ぎていくドラマって少しつまらなくないですが?
恋愛ものだったら、ちょっと主人公にはライバルが現れたりすると「おお?」ってわくわくしてきたり、
主人公が長いこと付き合っていた恋人と別れたあと、運命的な出会いがあると「どうなるどうなる?」と
続きが気になって「これから面白くなりそう」って思ってドラマを見続けますよね。
もし「私の人生がもしドラマだったら、、、」そう考えたとき、この今の辛い出来事は
「これから面白くなる」序章なのだと考えるのです。
そう思うと、ちょっとわくわくしませんか?♡

おわりに

私も貴重品が無くなってから、なんとか挽回しようと小さな幸せに敏感になるようになりました。
スーパーに行ったらたまたま夕方特売をしていて、好きなものが安くなっててラッキー!とか。(笑)
何もなかったら、きっとそう思わないですよね。
忙しい毎日の中で小さな幸せを見つけるのって意外と難しいけれど、この経験があったから小さな幸せに敏感になって、
小さな幸せをいっぱい感じられて落ち込んだ心も潤ってきたと思います。

落ち込んだ時に挽回出来るかどうかは、自分の考え方次第だと思います。
人に励まされてもそれを素直に吸収できるかできないかは、自分次第なので
この落ち込んだ時にいかに自分で自分をいたわって励ましてあげるかが、
すぐに元気になるために必要なんだろうなと思います。

ここで紹介した考え方は、私の独断と偏見で選んだものばかりですが
いつか誰かの心に響くといいな。。。