手作り!クリスマスリース!

11月も下旬に差し掛かると、そろそろ街も冬支度をはじめますね。
だんだん盛り上がってくるクリスマスの雰囲気に、年の瀬を感じます。

先日初めてクリスマスリースの製作体験に参加させてもらえたので、今回はその様子をご紹介させていただこうかと思います。

クリスマスリース!と言われて、最初は私もピンとこなかったんですが、こういうやつです。
じゃーん。

今回は制作前に先生がお手本を作っておいてくれてました。
さすがに美しく綺麗で華やかで、写真ではわかりづらいですがなかなかの大きさです。
きっと花屋さんなどで買うと福沢諭吉と引き換えになるだろうという一品ですが、これも手作りしちゃうと断然安く華やかに、そして自分好みにできちゃうそうです。素晴らしい。

制作の第一段階。
まずは材料となる数種類の木の、枝の部分を数センチ程度にカットしていきます。
写真左の丸いのはリースのベースとなるものです。
ちなみに花屋さんなどで見かけるリースは造花でできたものも多いですが、今回は生花(という言い方であってるかどうかわからないですが、生の木です)を使って作っていきます。
生花なので当然時間とともに少しずつ変色していくのですが、そういう色の変化を楽しむのも、リースの楽しみ方のひとつなのだそうです。

カットし終わったら、細い針金を使って、それを土台に巻き付けていきます。
土台が同じ大きさでも、枝を巻き付ける角度によってリースの見た目の大きさを変えることができるそうです。
私はなるべく大きく見えるようにと、めいっぱい角度をつけて巻き付けていきました。
舌切り雀だったら損するタイプですね。

1周全部巻き付け終わるとこんな感じ。
できたら次に、差し色になる別の種類の木や草を差し込んでいきます。
「これらは全体に散らしても綺麗だし、一か所にまとめて目立たせてもいい。短くカットしてもいいし、長いまま使ってもいい。」
と言われ、ここが個性の出しどころだと思った私は、とにかく目立つように大胆に配置してみました。

右側上部に配置した名前の分からない木の枝が大胆にはみだしてます。ロックンロールですね。
普通はあまりロックンロール感を出さない方が、綺麗に仕上がると思いますよ。

そして最後にリボンやオーナメントをお好みで配置してくっつけます。
オーナメントは、グルーガンという熱で溶ける糊みたいなものでくっつけます。

完成~!
結構悩み悩みやってたので、制作時間は1時間半くらいでしょうか。
吊り下げて飾った時に、右上のロックンロールがちゃんとそそり立つような工夫をするのに苦労しました。
普通はしないはずの苦労ですね。

先生や、一緒に製作体験をされていたお姉さま方からは、
「独創的」
「男性らしい」
「感性がすごい」
「なんか手が綺麗」
などの感想をいただきました。
「初めて食べる独特の料理が美味しいと言いにくかった場合は、『面白い味ですね』と表現する」
と言っていた某グルメリポーターがいましたね。
ああいう感じでしょうか。

まぁでも好きに作らせてもらえて、結果的に自分では大満足のものが出来上がったのでよかったです。
帰ってさっそく部屋に飾りました。
本当に楽しい体験でした。

ちなみにリースはクリスマス以外でも、例えば知人の新築祝いなんかに贈っても喜ばれるそうです。
作り方も一度覚えてしまえば、次は自分だけでもできそうなので、また何かの折に作ってみようかなと企んでおります。

興味を持った方、ぜひ一度やってみてくださいね!