大雪でエアコンが

福井ではひと月ほど前に大雪が降りました。
三年前も福井に大雪が降りましたが、あの時とさして変わらないような量の雪が今回も降ったようで、高速道路で立ち往生が発生するような騒ぎもあったようです。

我が家も当然大雪に見舞われたので、一生懸命雪かきをしていたのですが、しばらくして、部屋のエアコンがちゃんと動いていないことに気が付きました。
ちゃんと暖房設定になっているのに、時折冷たい風が出てくるだけという状態。
しばらく原因がわからなかったのですが、ふと思いついて室外機を見に行くと、案の定、雪に埋もれていました。

何とか掘り起こしたのがこの写真ですが、発見当初は完全に埋まってしまっていました。
ちゃんとある程度高めの位置に設置してあるのですが、雪の量が想定外だったようです。
掘り起こした後も、前も横も後ろも凍り付いている状態なので、暖かい風は一向にでてこず。
しょうがないので、最終的にぬるま湯をかけて、凍結をすべて除去しました。

ネットで調べると「室外機にお湯をかけてはいけない」という記述も散見されるのですが、熱湯でなければ大丈夫なようです。
軽い凍結ならともかく、ガチガチに凍ってしまっていると、まずそれを何とかしない限りは暖房が動かないですからね。

長いこと雪国にいますが、初めての体験でした。
また同じことにならないように、室外機用の屋根を取り付けようかと現在検討中です。