ついにInternet Explorerのサポート終了!

Internet Explorerのサポート終了が2022年6月15日と公式で発表されましたね。
IEのみホームページが崩れているということがあり、対応に苦労しましたがようやく解放されました!

しかし、IEでのみ動くWebアプリなども多く、サポート終了した後も使用する企業様も少なくないと思います。
そこで今回はIEに変わるブラウザであるEdgeの機能IEモードについて紹介したいと思います。

IEモードはChromium版EdgeのタブでIE専用のWebページまたはアプリを表示することができる機能です。

個人用のパソコンと企業で管理しているパソコンでは設定方法が違います。
今回は簡単な個人用の設定について紹介したいと思います。

まずは今使用しているEdgeがChromium版なのかを確認しましょう。

Edgeの設定から確認することができます。設定は右上の「・・・」アイコンから「設定」を選択してください。
上記のように「Chromium版」と表記されていれば大丈夫です。

Chromium版ではないかたは新たにダウンロードしてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

ではIEモードを設定していきましょう
下記の画面から「既定のブラウザ」を選択

「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」をオンにしましょう。
デフォルトでは「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」が「オフ」になっています。
その後「再起動」をクリック、再起動後に「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」がオンになります。
必ずブラウザを再起動しましょう。

これで設定は完了です。


実際に使うには右上の「・・・」から「その他のツール」→「Internet Explorerモードで再度読み込む」を選択してください。
するとInternet Explorerモードでサイトが表示されます。

以上が個人用のPCでEdgeのIEモードを使用する方法です。
企業で管理しているPCでは「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」という項目が表示されません。
そのため別の方法で設定する必要があります。
まだ、企業用の設定したことがないため、設定ができれば紹介したいと考えています。