Google広告 新機能 画像表示オプション

Googleのリスティング広告は手軽に始められ、大きな効果が期待できる手法の1つです。
検索キーワードに基いた広告表示は、商材や情報に関心があるユーザーの目に留まる可能性も高く、テキスト表示だけでなく、画像表示オプションが可能となりました。

今回は画像表示オプションのメリットと注意点をお伝えしていこうと思います!

画像表示オプションのメリット

・訴求力の向上

テキストだけの広告よりも、視覚的に見れる画像広告の方がより一層目につきやすいです。また画像で具体的なイメージを持つこともできるので購買意欲も向上されるでしょう。

 

・データ収集が可能

リスティング広告の広告オプションであるので、Google広告の管理画面内で詳細を確認することができます。そのためどの画像が訴求力が高いのかも確認、テストが可能となっております。

 

・導入が簡単

Google広告の管理画面内の広告表示オプションの中に新しく項目が追加され、画像を選ぶだけで簡単に出稿できます。開始・停止が容易にできるので、テスト感覚で試してみるのもいいですね。

 

画像表示オプションの注意事項

・利用できる画像にはルールがある

静止画像であること。加工されていないこと。など出稿できる画像には明確なルールがあります。Googleが思わしくなと判断された場合には認証されませんのでご注意ください。

 

・画像のサイズは決まっている

アスペクト比:1:1
最低解像度:300×300
最大ファイル:5,120KB

上記のルールを満たすことが必要となります。

 

・表示速度は閲覧者側の環境に影響される

通信制限等でユーザーの閲覧環境が良くない場合、画像が効果的に表示されない可能性もあります。画像はテキストと比べると容量も大きくなるのでスムーズに表示されない可能性も考慮すべきです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Googleのリスティング広告での画像表示オプションは今までのテキストのみの広告と違い、画像を有効活用することでより大きな広告効果を期待できます。明確な出稿ルールに基づき、データを分析し、より広告効果を高めていくことで結果にも期待できるでしょう。

視覚的に魅力のある商品をGoogleのリスティング広告に出稿している方にはぜひとも有効活用していただきたいですね!

今後も新しい機能が追加されるのが楽しみです!