土用の丑の日

先日、土用の丑の日ということで、一ノ松さんのうなぎのお弁当を食べました!

写真は、うなぎと牛しぐれがのった「うな牛ハーフ重」。
久しぶりのうなぎでとても美味しかったです。

土用の丑の日とはいいますが、なぜうなぎを食べるのだろうと思って今更ながら調べてみました。

そもそも「土用」とは、

土用とは「土旺(王)用事(どおうようじ)」の略。立春(2月4日ごろ)、立夏(5月5日ごろ)、立秋(8月7日ごろ)、立冬(11月7日ごろ)の前18日間のことをいいます。
土用は夏にしかないと思われがちですが、年に4回、各季節にあります。

出典:日本文化の入り口マガジン

とのこと。年に4回もあったんですね。
ちなみに2022年の夏の土用の丑の日は7月23日(土)と8月4日(木)の2回あるそうです。

そしてなぜうなぎを食べるのかというと、

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのは、江戸時代に本草学、地質学者、発明などあらゆる分野で才能を発揮した平賀源内(ひらがげんない)が推奨したという説があります。

うなぎの旬は本来は秋から冬。産卵前の脂を蓄えた、味が濃くこってりしている旬のうなぎに対して、夏のうなぎは人気がありませんでした。そこで、うなぎ屋が知恵者で有名な平賀源内に相談したところ、「丑の日だから『う』のつくものを食べると縁起がいい」という語呂合わせを源内が発案。それにしたがって、うなぎ屋は「本日土用丑の日」という張り紙を店の前に張り出したら大繁盛!

それ以来、「土用の丑の日」にはうなぎを食べる風習が根付いたといわれています(諸説あり)。

出典:日本文化の入り口マガジン

という説があるとのこと。
実はうなぎの旬は夏ではないという…
でもそれは天然モノのうなぎの話であり、養殖では関係ないとか。

なんにせよ、うなぎは美味しかったので、まだまだ暑い夏は続きますが頑張って乗り越えていきたいと思います。