GoogleのチャットAI「Bard」

「ChatGPT」や「BingAI」がチャットAIとして知られていますが、
Googleにも「Bard」というチャットAIがあります。
最近「Bard」が日本語に対応したので使ってみました!

さっそく、Bardについて紹介してもらいました。

Googleからリリースしていることもありアプリ内の連携も可能です。
メールの文章を作成してGmail上に下書きとして保存することができました。

今後はAdobe Fireflyと連携して画像生成が可能になります。
Adobe Fireflyは画像生成AIツールです。
生成した画像を商業に利用できるよう、人気のアニメキャラクターやブランドコンテンツなどの著作物を含まないように設計されています。

他の会話型AIと違い、様々なサービスと連携しておりチャット画面からスムーズに作業することが可能でした。
Adobe Fireflyとの連携もあり、今後が楽しみなサービスです。