リモートワークの為のコミュニケーションツール「Metalife」

本日は、リモートワークにぴったりなコミュニケーションツールである「Metalife」について紹介します。最近、仕事で利用させていただくことがあって、便利なところが多いなと感じました。

Metalifeとは

バーチャルな空間で、自身のアバターを作成し、アバターを通して他の人とコミュニケーションが取れるツールになります。組織単位、プロジェクト単位など自由にバーチャルなオフィス空間を再現できます。

Webベースなのでブラウザがあれば利用可能です。
公式はこちら(https://metalife.co.jp/)です。

 

便利なところ

  • アバターが近くにいるときに通話可能
    これが一番便利に感じました。通話したい相手のアバターの傍に自分のアバターを近づけることで2人だけで通話することが可能です。勿論、3人、4人も可能です。通話範囲の境界線もわかりやすく表示されているので、他の人に聞かれるということはなく、安心して利用できます。
  • バーチャルオフィス内の会議室
    バーチャルオフィス内には広めの会議室があって、比較的大人数で通話することができます。
  • 分かりやすい画面共有機能
    複数人が同時に共有した場合、その中で一人選択して画面を表示させることが可能です。これが思いのほか便利で、直観で操作できました。
  • インターフォン・呼び出し機能
    通話したい相手に対して呼び出しを行うことができて、呼び出されたほうはブラウザを通してPCに通知が届きます。

以上が、特に便利だと感じた機能になります。

コロナも少しずつ落ち着き、リモートも減りつつあるかもしれないですが、遠くにいる人と一緒に仕事をする機会がある場合は必要になるかもしれません。
良いリモート環境を構築していきたいですね。